2021年 9月 23日 (木)

パラリンピック「安全・安心」言うばかり 学校観戦OKでも修学旅行は中止しろと

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2021年8月24日に開幕する東京パラリンピックを目前に控え、大変な状況になっている。小池百合子都知事や、丸川珠代五輪相の「予定通り開催」の方針に対して、あちこちから疑問や反発、ブーイングが起きている。

  • 大会は原則、無観客で行われる(写真と本文は関係ありません)
    大会は原則、無観客で行われる(写真と本文は関係ありません)
  • 大会は原則、無観客で行われる(写真と本文は関係ありません)

コロナ対応を優先

   朝日新聞は20日朝、「パラ指定病院、組織委の重症者受け入れ要請断る 『コロナ対応優先』」と報じた。「指定病院」の都立墨東病院(墨田区)が、救急で重症者を受け入れてほしいとの要請を断っていたというのだ。新型コロナウイルス感染症の感染爆発で、医療が逼迫(ひっぱく)していることが理由という。ほかの複数の病院にも同様の動きがある、と書いている。

   同紙によると、墨東病院はパラリンピックで選手を除く大会関係者に傷病者が出た際、通常診療の範囲内で受け入れる協定を大会組織委員会と結んでいる。

   これとは別に、組織委は12日、墨東病院の救命救急センターに対し、競技会場で重度のけが人や病人が出た際、救急搬送を受け入れるように協力を要請した。しかし、感染症指定医療機関であることから、コロナ対応を優先するために断ったという。

   この報道の後、同病院はパラリンピックで重度の傷病者が出た場合、「重症度と緊急度に応じて入院を受け入れる」という院長名のコメントを発表した。同紙によれば、「コロナを最優先としながら対応する」ということだという。コロナの爆発的拡大で、医療現場がコロナとパラリンピックを両立させることに苦慮していることが浮き彫りになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!