2021年 9月 23日 (木)

東京五輪の夜空を彩ったドローン アフガンでは兵器としての「裏の顔」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京五輪の開会式では、ドローンが華麗なショーを見せて多くの人々を魅了した。しかしドローンにはもう一つ、「兵器」としての裏の顔がある。

   その実験・実践場となり、兵器としての威力を見せつけてきたのがアフガニスタンの内戦だ。政府側を支援する米軍は、早くからドローンに注目し、活用してきた。しかし、20年にわたる戦争は結局、反米・反政府勢力のタリバン側の勝利でほぼ決着した。

  • 東京五輪開会式でのドローン(写真:ロイター/アフロ)
    東京五輪開会式でのドローン(写真:ロイター/アフロ)
  • 東京五輪開会式でのドローン(写真:ロイター/アフロ)

まるでテレビゲーム

   ドローン戦についての報告は、『ドローン情報戦――アメリカ特殊部隊の無人機戦略最前線』(原書房、2018年刊)が詳しい。実際にドローン戦争を担ってきた元米軍人の回想録だ。機密に触れる部分が多いので、刊行前に米政府によって入念なチェックを受けたという。

   著者のブレット・ヴェリコヴィッチ氏は10年以上にわたってテロ対策と情報分析活動に従事した軍用ドローンの専門家。米陸軍特殊部隊DELTAのドローン技術者・情報分析官として、アフガニスタンやイラクなど、対テロ戦争の最前線を経験してきた。


   初めてドローンに触れたのは2005年、最初の任地、アフガニスタンに赴任したときだったという。やがてドローンのエキスパートになり、ターゲットを選んで殺害できる権限を付与された。

   同書では著者が体験してきた幾つもの「実戦」の様子が再現されている。まるでテレビゲームだ。とはいえ著者は、殺害を決める最終段階では必ず迷った、と書いている。「人違いだったらどうする?」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!