2021年 9月 17日 (金)

豪雨またも列島飲み込む コロナが追い打ち「令和の災害」どう支援【防災の日】

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   豪雨災害がこの夏も起きてしまった。静岡県熱海市で2021年7月、土石流が発生し多くの犠牲者が出た、8月には長引く大雨で九州地方を中心に西日本、岐阜県や長野県まで広範囲で河川の氾濫や浸水に見舞われた。

   この数年、7~8月にかけて九州北部豪雨(2017年)、西日本豪雨(18年)、佐賀豪雨災害(19年)、熊本県人吉市や球磨村の豪雨災害(20年)と必ず大きな水害が列島各地を襲っている。昨年以降は新型コロナウイルスの影響で、ボランティアの確保が難しくなった。「防災の日」のきょう9月1日、大規模災害が頻発する今の時代の支援を考えてみたい。

  • 大町町の浸水による被害の様子(写真提供:ピースボート災害支援センター)
    大町町の浸水による被害の様子(写真提供:ピースボート災害支援センター)
  • 大町町の浸水による被害の様子(写真提供:ピースボート災害支援センター)
    大町町の浸水による被害の様子(写真提供:ピースボート災害支援センター)
  • 大町町の浸水による被害の様子(写真提供:ピースボート災害支援センター)
    大町町の浸水による被害の様子(写真提供:ピースボート災害支援センター)
  • 大町町の浸水による被害の様子(写真提供:ピースボート災害支援センター)
    大町町の浸水による被害の様子(写真提供:ピースボート災害支援センター)
  • 大町町の浸水による被害の様子(写真提供:ピースボート災害支援センター)
  • 大町町の浸水による被害の様子(写真提供:ピースボート災害支援センター)
  • 大町町の浸水による被害の様子(写真提供:ピースボート災害支援センター)
  • 大町町の浸水による被害の様子(写真提供:ピースボート災害支援センター)

2年前も被災「またか」と住民

   佐賀県大町町(おおまちちょう)。8月11日から続いた大雨で六角川が氾濫し、病院が水に囲まれ孤立する映像が、テレビで流れた。31日現在、町内2か所に避難所が開設され、計18世帯・30人が暮らす。既に水は引き、各家庭では水にぬれた家財道具を外に運び出し、残暑のなかで後片付けに追われている。

   災害復旧活動支援で同町に入ったNPO「ピースボート災害支援センター(PBV)」を取材した。昨年の熊本豪雨災害で、球磨村での避難所運営を長期間支援した団体だ。

   大町町は2019年8月も豪雨に襲われ、浸水した。PBVの辛嶋友香里さんによると、2年前と同じ地域が今回も被害にあった。しかも被災範囲は、より広い。

「『またか』『やっと家の修繕や建て直しができたのに』と、住民の皆さんは精神的にかなり参っています」
大町町の浸水による被害の様子(写真提供:ピースボート災害支援センター)
大町町の浸水による被害の様子(写真提供:ピースボート災害支援センター)

   家屋の床下に水がたまっており、カビの発生を食い止めるため早く乾かし、掃除する必要がある。だが大雨の後もさらに1週間ほど雨が続き、町では土砂災害の恐れがあるとして8月18日、21日と避難指示が相次いだ。これらが解除されようやく、在宅避難者の状況把握が始まった。

   コロナ禍もあってか、町民のほとんどは自宅の上階に逃げる「垂直避難」を選んだ。いったん避難所に行ったが、その後帰宅した住民も多いという。避難所と違って、在宅だと今の暮らしの様子が見えにくい。「ガスが止まっている」「車が使えず買い物に行けない」といった困りごとの吸い上げが必要だ。こうした状況把握を進めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!