2021年 9月 22日 (水)

ワクチン「若者は打ちたくない」説の不思議 ではなぜ渋谷接種センターに大行列

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナのワクチンについて、「若者は打ちたがらない」という説が一部にあった。ところが、東京都が2021年8月27日、渋谷で「東京都若者ワクチン接種センター」をスタートしたところ、初日は早朝から若者が殺到して大行列。早々に受付が打ち切られた。

   若者はワクチンを打ちたいのか、打ちたくないのか――。

  • 多くの若者がワクチン接種を待っているようだ
    多くの若者がワクチン接種を待っているようだ
  • 多くの若者がワクチン接種を待っているようだ

2月実施の調査結果を引用

   都の「若者ワクチン接種センター」は、予約なしでワクチン接種が受けられるというのが売りだった。ところがふたを開けてみると、午前11時半の受け付け開始にもかかわらず、徹夜組も含めて朝7時半には約300人が並び、早々に受け付けが終了した。NHKのニュースで都の担当者は「接種をためらう若者が多いということだったので、ここまで並ぶとは想定できなかった」と説明していた。

   どうして都の担当者は読み違えたのだろうか。

   実際のところ、若者の一部がワクチン接種に消極的だということは、いくつかの調査で明らかになっている。しばしば引用されているのは、国立精神・神経医療研究センターの調査だ。今年2月に全国2万6000人を対象に行われ、結果が6月25日に公表された。

   「ワクチン忌避者は全体で11.3%であった。若年女性15.6%から高齢男性4.8%まで年齢・性別で大きなばらつきがあった」という結果だった。日本テレビは6月28日、「若い人ほど打ちたくないという人が多かった」とその内容を伝えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!