2021年 9月 21日 (火)

「シャインマスカット」黄緑が最高に甘い...じゃない 店で完熟選ぶなら色は

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   9月にかけて旬を迎える「シャインマスカット」。この時期、スーパーマーケットでは鮮やかな黄緑色のシャインマスカットをよく見かける。

   実は黄緑色よりもっと「甘くておいしい」食べごろがある。店頭では、粒の「色」を見て選ぶのがポイントだ――。

  • シャインマスカットをもっと甘く食べるには
    シャインマスカットをもっと甘く食べるには
  • シャインマスカットをもっと甘く食べるには

判断するのは皮の色

   農林水産省によると、シャインマスカットは2006年に品種登録されたブドウ。糖度が高く、酸味が少ないため口に入れると甘く感じる。大粒、種無し、渋みがなく皮ごとおいしく食べられる。マスカットの香りがするのも特徴だ。

   最近では、シャインマスカットを使ったケーキやパフェなどのスイーツが続々登場している。その多くに、黄緑色の皮のシャインマスカットがふんだんに使われている。ツイッターやインスタグラムには、シャインマスカットの写真とともに、「甘くておいしかった」と喜んだ様子で報告する人が後を絶たない。やはり、黄緑色の状態のシャインマスカットを食べている人が大半だ。

   しかし、実はシャインマスカットは、もっと甘い状態で食べられる。判断するのは皮の色。「黄緑色」ではなく「黄色」だ。

   生活協同組合連合会コープ北陸事業連合の公式サイトには、シャインマスカットの皮が黄色い状態は不良品か、との質問に「完熟した状態です」と答えている。さらに、

「マスカット特有の黄緑色の果皮をしていますが、完熟するにつれ黄色く変化し、甘みが増します」

と説明している。

   ツイッターには黄色く変色した状態を、傷んでいるのでは、と思い込んでいる人が数人いた。これは、熟れて甘くなっているサインなのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!