2021年 12月 4日 (土)

「抗体カクテル療法」1回31万円 ワクチンはいくら?今は公費負担だけど

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   新型コロナウイルスのワクチンや治療薬の価格が次第に明らかになっている。ワクチンは米ドルで20~30ドル、このところ注目されている「抗体カクテル療法」は1回31万円もかかるようだ。いずれも公費負担となっているため、自己負担はない。

  • 新薬や新ワクチンの開発には多額のコストがかかる
    新薬や新ワクチンの開発には多額のコストがかかる
  • 新薬や新ワクチンの開発には多額のコストがかかる

製薬会社に大きな利益

   ワクチンについては、「ワクチン市場規模、最大8兆円に 日本の契約金額は非公表」という朝日新聞(2021年6月24日)の記事が詳しい。

   同紙は「日本政府はワクチンの契約金額は明らかにしていない」としつつ、米国の医療情報提供会社IQVIAの調査結果を引用。米ファイザー製20ドル、米モデルナ製30ドル、英アストラゼネカ製8ドルだと報じている。ロイターも7月にファイザーワクチンは接種1回分が19.5ドルと報じている。

   日本で16歳以上の8割が今年度中に接種すると考えた場合、21年度のワクチンコストは最大約3000億円になり、世界全体で今年のコロナワクチンの市場規模は、最大約750億ドル(約8兆円)になるとIQVIAは推計しているという。

   昨年、世界で売り上げが最も多かった薬の領域は抗がん剤で約17兆円。2位は糖尿病治療薬で約12兆円だった。コロナワクチンは、それに次ぐ規模の売り上げとなり、同紙は「ワクチンの開発に成功した一部の製薬会社は大きな利益を得ている」と書いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!