2021年 12月 4日 (土)

「一風堂とんこつラーメンスープ」買った 激うまラーメン自作できそう

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   豚骨ラーメンのようなスープを味わえる「缶」がある。ラーメン専門店「一風堂」が監修する「コクと旨味の一風堂とんこつラーメンスープ」だ。JR東日本の駅内自動販売機「acure(アキュア)」で、2021年10月12日から発売されている。

   「一風堂のとんこつスープを、缶スープ用に飲みやすくアレンジ」したという。ツイッター上では、自販機で売り切れていたとのたびたび報告が出ている。この缶スープ、麺を入れればそのままラーメンとして食べられるのか、気になる。

  • 白濁としている「一風堂とんこつラーメンスープ」
    白濁としている「一風堂とんこつラーメンスープ」
  • 白濁としている「一風堂とんこつラーメンスープ」

きくらげとチャーシュー浮かべて

   まずは缶探し。記者は10月26日、まず東京都内のJR新宿駅を訪れた。中央線につながる階段の付近で一風堂の缶が入った自販機を見つけたが、売り切れなのか「準備中」と書いてあった。続いて中野駅、三鷹駅も訪れたが、いずれも一風堂の缶スープは「準備中」とあり、購入できなかった。最終的には立川駅で購入可能な自販機を発見。ようやく買えた。

   開栓し、そのまま飲む。豚骨の香りとクリーミーな味わいが漂う。確かに、豚骨ラーメンのようだ。最初はラーメンスープを飲み物としていただくことに少し違和感があったが、コーンポタージュ感覚で自然と飲めた。

   持ち帰って、市販の中華麺、ハム、チャーシュー、きくらげを用意。缶スープを湯せんして、そのまま丼に投入した。スープは白濁しており、雰囲気は豚骨ラーメンを思わせる。

豚骨ラーメンに早変わりとなるか
豚骨ラーメンに早変わりとなるか

   すすってみると、薄い。

   塩加減は弱く、豚骨由来のこってり感もあまりない。口あたりがやさしすぎる。一度ラーメンとして食べてみたことで、あくまで缶飲料として飲みやすく調整されていることがわかった。そのままスープとして使っても、あまりラーメンらしい味わいにはならない。

   どうにかラーメンらしくできないか。水っぽさをなくして味を濃くするため、煮詰めることにした。

水分を飛ばすためグツグツと沸騰させる
水分を飛ばすためグツグツと沸騰させる

   40〜50ミリリットル程度蒸発させる。少しだけこってり感は増したが、大きな変化ではなかった。

   次に、塩気も足りない気がするので、しょうゆを足してみる。

しょうゆは10ミリリットル程度を用意
しょうゆは10ミリリットル程度を用意

   塩加減は一般的なラーメンに近づいたが、やはり何かが足りない。最後に、ラード(豚の脂)を加えて試す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!