2021年 12月 3日 (金)

V6は嵐、SMAPと違う魅力があった 「子育てしながら」ファン続けた女性たち

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   アイドルグループ「V6」が、2021年11月1日で解散――。1995年のこの日にCDデビュー。26年間、メンバー6人誰ひとり欠けることなくここまで駆け抜けてきた。

   落ち着いた大人の魅力で根強いファンを獲得してきたグループだ。J-CASTトレンドは、長年V6を応援してきたファンに、思い出や現在の心境を聞いた。

  • V6の魅力をファンが語る(画像はイメージ)
    V6の魅力をファンが語る(画像はイメージ)
  • 子育てしながらファンを続けた女性(画像は取材に応じたファン提供)
    子育てしながらファンを続けた女性(画像は取材に応じたファン提供)
  • V6の魅力をファンが語る(画像はイメージ)
  • 子育てしながらファンを続けた女性(画像は取材に応じたファン提供)

6時間並んだ握手会

   V6は、グループの中で年上組の坂本昌行さん、長野博さん、井ノ原快彦さんの3人が「20th Century(トニセン)」、年下の森田剛さん、三宅健さん、岡田准一さんの3人が「Coming Century(カミセン)」として、3人ずつでの活動も行っていた。解散と同時に森田さんはジャニーズ事務所を退所。カミセンは活動を終えるが、トニセンは今後も存続する。

   「V6は、子育てとともにあった」と振り返るのは、取材にこたえた大阪府在住の50代女性。2004年頃から本格的にハマり、子育ての合間にDVDや録画した番組を見て元気をもらっていたと話す。「車の中でV6の曲を流すと子どもの機嫌が良くなって、一緒に歌いながら運転していたのを覚えています」。

   V6はデビュー10周年を迎えた2005年に、全国6大都市で握手会を行った。女性は大阪での握手会に参加した。

「12月の寒い日、大阪城ホールの外に6時間くらい並びました。メンバーに生で会ったのはその時が初めてで、『ああ、本物だ』と感動しました」

   ライブには1度しか行けなかったが、「爽やかでかっこいい曲が多くて好き。CDは出るたびに買っていた」と明かす。当時幼かった子どもは高校生になり、長い月日が経ったのだと思うと感慨深い......しみじみとそう話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!