2022年 5月 24日 (火)

ケンモチヒデフミら「ラムのラブソング」リミックス 作曲家・小林泉美が思いを語る

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   アニメ「うる星やつら」主題歌「ラムのラブソング」。作曲家の小林泉美さんが声を吹き込み、2021年11月17日に配信したカバー「ラムのラブソング (Reboot) 」を国内外の著名なアーティストがリミックスした。

   12月8日に配信された第一弾「ラムのラブソング (Reboot) Mimix EP.1」には、音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」メンバー・ケンモチヒデフミさん、中国のトラックメイカー「3asic(読み:ベーシック)」さん、音楽プロデューサー「Limited Toss」さんのリミックスが収録されている。コロナ禍で、各国のアーティストと共に音楽作りを手がける小林さんを取材した。現在の拠点は、英国ロンドンだ。

  • 小林泉美さん
    小林泉美さん
  • 小林泉美さんの「ラムのラブソング(Reboot)」ジャケット
    小林泉美さんの「ラムのラブソング(Reboot)」ジャケット
  • 「ラムのラブソング (Reboot) Mimix EP.1」ジャケット
    「ラムのラブソング (Reboot) Mimix EP.1」ジャケット
  • 小林さん photo by Bohan
    小林さん photo by Bohan
  • 「ラムのラブソング」を作曲した伝説のピアノは、現在も自宅にある
    「ラムのラブソング」を作曲した伝説のピアノは、現在も自宅にある
  • 小林泉美さん
  • 小林泉美さんの「ラムのラブソング(Reboot)」ジャケット
  • 「ラムのラブソング (Reboot) Mimix EP.1」ジャケット
  • 小林さん photo by Bohan
  • 「ラムのラブソング」を作曲した伝説のピアノは、現在も自宅にある

さまざまな国や音楽ジャンルを混ぜたかった

   小林さんは2020年10年14日、ライブストリーミング「DOMMUNE (ドミューン)」に出演し、リミックスプロジェクトが本格始動した。Limited Tossさんが作った「ラムのラブソング」のジャングル(音楽ジャンルの一つ)ミックスをバックに歌ったところ反響が大きく、「それなら録音しちゃおう」と思い立ったのだ。

「更にその前日の話があるんですよ。息子(編注:サウンドプロデューサー・SKYTOPIAさん)が大阪で開いたパーティーで、Limited TossさんがDJをしてくれて。そのときに『ラムのラブソング』のジャングルミックスをかけてくれたのが、本当の発端です。そのときにユニークだと感じたからこそ、番組で使わせてもらったので」

   DOMMUNE出演後、Limited Tossさんがジャングルミックスで使ったドラムのリズムパターンを送ってもらい、小林さんが手を入れて「ラムのラブソング (Reboot)」を作った。「『シングルで出すのもなあ...』と考え、知り合い数人に頼んでリミックスを引き受けてもらった」そうだ。

   集った国内外のアーティストに、小林さんはリミックスのコンセプトや方向性を「あえて、示さなかった」。各人の感性に委ね、異なるアプローチやスタイルで作ってもらいたかったと語る。

「例えば、Limited Tossさんは『スロージャングルグルービーが流行っている』と言っていて、私が作った『トゲトゲしたジャングル』とはちょっと違うアレンジにしてくれました。3asicさんはテクノ。ケンモチさんのリミックスは日本人に耳なじみがよさそうですね。カッコよくまとまっています」

   第三弾のEPで登場する、イングランドの音楽集団「Kero Kero Bonito」のメンバー、ガス・ボニトによるリミックスは「おしゃれなカフェでかかっていそうな、ジャズっぽい雰囲気」。新型コロナウイルスで海外旅行が難しくなったからこそ、「多国籍」なアルバムを通じて世界を感じてもらえたらうれしいと話す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!