2022年 5月 24日 (火)

宮崎駿監督「引退と復帰」海外メディア注目 新作報道に「本当に最後か」

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   アニメ映画の巨匠・宮崎駿監督が復帰へ――。2013年公開の映画「風立ちぬ」を最後に、長編映画からの引退を宣言した同監督。複数のメディアによると、スタジオジブリ会長兼社長・星野康二氏が監督の新作完成に言及したという。

   過去にも引退、復帰が何度も取りざたされた宮崎監督。その去就は、国内のみならず海外メディアもたびたび報じてきた。

  • 宮崎駿監督・2013年9月6日撮影(写真:アフロ)
    宮崎駿監督・2013年9月6日撮影(写真:アフロ)
  • 宮崎駿監督・2013年9月6日撮影(写真:アフロ)

BCCも8年前に引退を報道

   2013年の「引退会見」を、時事通信は当時こう伝えていた。

「会見冒頭、『何度もやめると言って騒ぎを起こしてきた人間なので、どうせまただろうと思われているかもしれないが、今回は本気です』と明言した宮崎監督」

   しかし、2017年には「引退撤回」をしていた。J-CASTニュースの同年5月20日付記事は、「2013年時の引退発表時点で、少なくとも4回(1997年、2001年、08年、13年)の『引退発言』があったと受け止められており」と指摘している。

   過去の「引退騒ぎ」は、海外メディアも注目。13年9月2日付の英BBCニュース(電子版)では、「Director Hayao Miyazaki to retire(宮崎駿監督、引退へ)」との見出し記事で、

「He previously retired after the release of 1997 film Princess Mononoke, but returned to direct Spirited Away to great acclaim.(編集部訳:彼は1997年の「もののけ姫」の公開後に引退したが、「千と千尋の神隠し」で監督復帰、賞賛を受けた)」

と伝えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!