2022年 5月 21日 (土)

「硬貨で納税」税務署は断れない ひろゆきの指摘に国税庁、銀行の答えは

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?
「『税金を払うときに硬貨で支払うと税務署は拒否できません』」
「硬貨は無制限に使えると日本銀行が書いてたりします」

   「2ちゃんねる」(現「5ちゃんねる」)開設者のひろゆき(西村博之)さんが2022年1月23日、こうツイートした。その数日前、ゆうちょ銀行が硬貨の取り扱い枚数に応じて手数料の徴収を始めた。納税で大量の硬貨が持ち込まれる事態になるかも!?

  • 納税で硬貨、枚数に限度は?
    納税で硬貨、枚数に限度は?
  • 納税で硬貨、枚数に限度は?

大量の硬貨を職員が手で数える

   日本銀行新潟支店は公式サイトで、「貨幣のなぜなぜ、よもやま話!」を公開している。その中には、

「1種類の貨幣の支払いは『一度に 20 枚まで』と決められています。ただ、受取る相手が嫌がらなければ、20 枚を超えても問題ありません」
「ただし、例外があり、税金を納める場合には無制限に貨幣を使えます。税金を受け取る税務署などは、数えるのが大変かもしれませんが...」

と書かれている。ひろゆきさんはツイートで、この内容を紹介した。これを見た人から、「迷惑ではないか」「勉強になった」「やってみよう」などと書き込まれた。

   J-CASTトレンドは税務署を管轄する国税局に取材し、この内容の事実確認をした。担当者の答えは、こうだ。

「税務署に限って言えば、硬貨でお支払いをいただけるのは事実です。枚数制限などのルールは存在しないので、業務に支障がない範囲であれば受付いたします」

   ただし、大量に硬貨を持ち込まれると職員が直接、現金を手で数えることになる。待ち時間が長引き、ほかの納税者にも影響が出るので、

「ご遠慮いただきたいです」

   コロナ禍でもあり、税務署の窓口を直接訪れるよりは、振替やキャッシュレスを利用してほしいとのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!