2022年 9月 26日 (月)

和歌山で路上ライブ重ねた中高生時代 「歌手」川原光貴が東京で花咲く日

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

周りに夢を叶えている人なんか一人もいなかった

   「いま思い返すと幼少期から本当に歌うことが好きで、歌手になりたいっていう思いはあったんですよね」と話す川原さんの顔が、少し曇ります。

川原さんの表情にかげりが
川原さんの表情にかげりが
「ただ、周りに夢を叶えている人なんか一人もいなかったんです。だから、歌手になるなんていうのは夢のまた夢だと思って自分を抑えていました」

   転機が訪れたのは、中学生のとき。学校が寛容な方針だったため、休憩時間に友達と一緒に校庭で路上ライブを開催するなど、人前で音楽演奏する機会に恵まれました。中学校の先生の離任式でもコブクロの「YELL」を演奏し、先生が涙を流して喜んでくれたことが川原さんにとって「音楽活動の原体験」となりました。

   その後、東京での活動も一筋縄ではいかず、師事していた先生から「今の自分の位置を確認するために」と、ライブハウスへの定期的な出演を促されます。

「定期的にステージに立つことで、今自分がどれくらいの位置に来ているかを確かめるように」との教えがあった
「定期的にステージに立つことで、今自分がどれくらいの位置に来ているかを確かめるように」との教えがあった

   ただ、そうしたライブ活動をしてこなかった川原さんに対し、ファンの反応は甘くないものでした。

   当時の活動についてなど、詳しい内容は番組アーカイブにて!

   そんな川原さんの音楽をたっぷり楽しめるユーチューブチャンネルに、ぜひ登録してみてください。ステキなミュージックビデオをご覧いただけますよ。


○川原光貴(かわはら・こうき)
和歌山県出身のシンガー・ソングライター。11月6日生まれ。AB型。主な愛称は、川ちゃん。
13歳から弾き語り・作曲をはじめ、路上ライブや地域イベントへのライブ出演など精力的に行う。
大学卒業を機にプロを目指し上京。6年間音楽家に師事し、ボイストレーニングや音楽理論、ギター奏法の基礎を学ぶ。

2016年よりソロ活動を本格スタートさせ、島村楽器主催アコパラ東京大会審査員特別賞受賞、天窓アワード男性ボーカル部門賞受賞、TikTok福山雅治 歌うま選手権にて準優勝を飾るなど着実に実績を上げてきた。
また、幼少期から得意とする絵画の才能を活かし、自身のオリジナルグッズや他アーティストの作品デザインなども手がける。

その他、ラジオ番組「775ライブリーFM」パーソナリティ、ボイスサイズ(R)インストラクターなど多方面で活動中。

○DJ Nobby
大学卒業後にシティバンク・エヌ・エイに新卒入社、外国為替ディーラーやクレジットリスク管理などを担当。その後東京金融取引所に転職、取引所FX「くりっく365」の取引監視や上場企画などの仕事に従事。現在も米系金融機関に勤務。
金融機関勤務の知見を生かし、音声配信プラットフォーム「Voicy」でフォロワー5万8000人に向けて「きのうの経済を毎朝5分で!」を配信中。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!