2022年 5月 17日 (火)

ウクライナ支援は募金以外もいろいろ 「食べる、着る、体験する」が力に

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ロシアの軍事侵攻を受けているウクライナの力になりたい――。そうした思いから、日本国内では募金が行われ、ライトアップで応援の気持ちを表す活動が始まっている。

   金銭や「ポイント」以外にも、商品やサービスを買うことで寄付につながる支援方法が登場した。中には、全額寄付になるようなものも――。

  • ウクライナ伝統料理のボルシチを食べて寄付
    ウクライナ伝統料理のボルシチを食べて寄付
  • ウクライナ伝統料理のボルシチを食べて寄付

Tシャツ、ボルシチの売上金が

   ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZO(千葉市)は、「ウクライナ人道支援チャリティーTシャツ」を2022年2月28日から販売している。Tシャツの売上金は全額、「Yahoo!ネット募金」の登録団体である、NPO法人(特定非営利活動法人)の「ADRA Japan」に寄付される。ウクライナの人々の水や衣料、生活必需品の購入に充てられる予定だ。

   Tシャツは大人用と子ども用それぞれ5サイズの展開で、5月下旬の配送予定。価格は各2020円(税込・送料別)。3月3日18時現在、すでに6万6000枚以上が販売され、寄付金額は1億3369万円を超えている。

   ウクライナの伝統料理「ボルシチ」を食べて、応援に変える方法もある。冷凍・加工食品メーカーのAlva(福岡市)は、ボルシチをアレンジした「ごろごろ野菜のボルシチ」を、同社運営の冷凍食品通販サイト「RICO NICOオンラインショップ」で3月2日から期間限定販売している。売上金は全額、国連難民高等弁務官事務所協会(UNHCR)を通して人道支援目的の寄付になる。

   1人前・280グラムで価格は1000円(税込)。電子レンジや湯せんでの解凍が可能だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!