2022年 7月 4日 (月)

ツイッター運用「つらいなら休む」もアリ 目的に応じた判断を

イルカ・クジラが描く虹をモチーフにした"G-SHOCK"&"BABY-G"

■短期集中連載「SNS改革」(第3回)

   SNSマーケティング支援を手掛けるテテマーチ(東京都品川区)の力を借り、J-CASTトレンド(以下、トレンド)公式ツイッターアカウントを改革する様子を数回に分けて伝える本連載。

   第2回は「記者による独自企画」と「記事を画像で紹介する」ツイートに注力した結果を振り返った。いずれも一定の成果は出たが、テテマーチ社のアドバイザーは、何のために企画を行うのか「ゴール」を設定するようアドバイス。「◯◯できるようになるまで×日」と期限を明示したり、応援してくれるフォロワーにプレゼントしたりするのが例だ。2022年1月中旬から半月に渡り、更なる運用改善に挑んだ。

  • 3回目にして「全体的にエンゲージメントが伸び悩んだが、よいところがはっきりしてきた」
    3回目にして「全体的にエンゲージメントが伸び悩んだが、よいところがはっきりしてきた」
  • 3回目にして「全体的にエンゲージメントが伸び悩んだが、よいところがはっきりしてきた」

画像ツイートは低迷

   トレンドが展開している独自企画は、以下の三つだ。

(1)製麺機のある生活:料理が得意な記者が私物の「製麺機」との暮らしぶりを写真や動画でシュールに紹介
(2)Jミーのアイスタイム:甘いもの好きの記者が平日夜にアイスを食べ、画像ツイートで紹介
(3)J子一発芸習得するってよ:トレンドツイッター担当者「J子」(本稿執筆者)がボールジャグリングなど一発芸の練習動画(20秒前後)を投稿し、上達過程を見てもらう

   それぞれ (1)そば粉やライ麦粉など、「50種類の材料で麺作ってみる」チャレンジを実施、(2)ツイート末尾で「最近食べたアイスがあれば教えてください」と呼びかけ、リプライを促す、(3)一発芸の練習動画を上げ、「習得」できたと言えるかフォロワー投票で決める、など工夫を凝らした。(1)と(3)は目標を明示し、フォロワーが見続けたくなる挑戦、(2)フォロワーとの交流と、記者に話しかけやすい雰囲気づくり、がゴール設定だ。

   企画担当者が、ゴール設定後の運用から得られた所感はこうだ。

(1)製麺機のある生活:「50種類の材料で麺作ってみる」チャレンジ第一回が最も盛り上がった。続けるにつれ反応数が減っているが、毎回違うフォロワーからリプライをもらえている。チャレンジ達成に向け、投稿を続けたい。
(2)Jミーのアイスタイム:話を投げかける書き方にしてから、リプライが増えた実感がある。本企画を通じて知り合えたフォロワーが名前を覚えてくれ、別の機会に話しかけてくれたのがうれしかった。
(3)J子一発芸習得するってよ:なかなか「習得」認定がもらえないが、応援やイジりのリプライが寄せられ、フォロワーに楽しんでもらえていると感じた。

   記事を画像にして紹介する「画像ツイート」は週に一度、J子が作成し投稿。例えば、ゆうちょ銀行の「硬貨取扱料金新設」という時事に絡めたツイートを行った。

   画像枚数が多いほど、得られるエンゲージメント(ツイートへの反応数)が増すとわかっていたが、業務の合間に作れるのは2枚がやっと。結果は「いいね13、RT14」と、労力ほどの反響に結びつかなかったと感じた。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!