2022年 5月 23日 (月)

メルカリがオリエンタルランドと連携、不適切出品に対策 21年からはUSJとも

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   フリマアプリを運営するメルカリが、オリエンタルランドと東京ディズニーリゾート(TDR)の商品の情報共有などを行う。また、権利侵害品の出品対策などで連携する。2022年3月24日に「安心・安全な取引環境の構築に向けた覚書」を締結したことによるものだ。

   ツイッター上では、TDRで販売されているグッズの転売防止になるとして歓迎する声が出ている。

  • 画像は東京ディズニーランド(2017年4月撮影)
    画像は東京ディズニーランド(2017年4月撮影)
  • 画像は東京ディズニーランド(2017年4月撮影)

規約違反商品は削除対応

   3月24日のオリエンタルランドの発表によると、これまでも東京ディズニーリゾート(TDR)では商品の特性や販売状況に応じて、店舗の入店回数・会計回数・購入回数の制限などに取り組んできた。

   今回の締結により、オリエンタルランドとメルカリの両社でTDRの商品情報と発売情報を事前に共有。特定の新商品に対し「メルカリ」アプリ上での商品発売前後の「注意喚起」や、「不適切な出品の取り下げ」などを実施する。また、メルカリの利用規約に違反する特定商品への削除対応が行なわれる。

   メルカリはこれまでに複数社と同様の協定を結んできた。21年11月22日にはテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)を運営する「ユー・エス・ジェイ」と「マーケットプレイスの共創に関する覚書」を締結。

   「メルカリ」アプリや公式ブログで、USJの特定の新商品や一部のチケット類に関する注意喚起を実施するとともに、USJ側と合意した特定の商品については、メルカリの利用規約に違反した出品の削除対応を行うとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!