2022年 5月 25日 (水)

W杯決定の日本は「8強」掲げる 鍵握るプレーヤーは?日豪戦不出場の名も

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

【連載】サッカー・カタールW杯 森保ジャパン勝負の1年

   サッカー日本代表がオーストラリアに勝利し、FIFAワールドカップカタール2022(カタールW杯)出場を決めた。

   だが、これはゴールではなく、道の途中である。カタールW杯で「日本代表歴代最高の成績であるベスト8以上」を目標に、森保一監督はチーム作りをしてきた。

   W杯でキーとなる選手は誰か。前回の対談で、日豪戦での三笘薫選手の活躍を「予言」したサッカージャーナリスト・石井紘人氏と、大阪体育大学スーパーバイザー・北村公紀氏が、注目プレーヤーを分析した。

  • 独1部フランクフルトでプレーする鎌田大地選手。ボーフム戦でゴール後の笑顔(写真:アフロ)
    独1部フランクフルトでプレーする鎌田大地選手。ボーフム戦でゴール後の笑顔(写真:アフロ)
  • 独1部フランクフルトでプレーする鎌田大地選手。ボーフム戦でゴール後の笑顔(写真:アフロ)

スリーバックでも中盤の底でもこなせるのは

石井:過去、強豪国とアウェイで試合をした日本の試合を見ると、パワープレーで失点することが多い。森保ジャパンは、吉田麻也(サンプドリア)選手に富安建洋(アーセナル)選手と空中戦に強いセンターバックがいますが、相手に押し込まれてクロスを上げられる時には、中盤の底(ボランチ・アンカー)の選手の高さも必要になります。
   森保ジャパンで「不動のスタメン」の、競り合いに強い遠藤航(VfBシュトゥットガルト)選手はいますが、ベスト8にたどり着くまで長丁場です。控えの選手が重要になってくる。特に森保ジャパンは、運動量が必要となる戦術を採用しています。
   カタールW杯で吉田選手か富安選手が出場停止になっても、板倉滉(シャルケ)選手や谷口彰悟(川崎フロンターレ)選手で補完は出来るでしょう。しかし、そうなると途中交代の選手がいなくなる。東京五輪準決勝のスペイン戦がまさにそうで、残り5分でPK戦という115分で失点してしまいました。
   そのような歴史から考えた時に、本大会で必要になるのは、攻撃に関わりながらも、ボックスでの空中戦に対応できる中盤の底が出来る選手。田中駿汰選手はスーパーサブとして必要だと思います。
北村:守備に関しては、3バックなのか、4バックなのか、アンカーを置くのか、ダブルボランチなのか。本大会のコンセプトが決まっていないので、どのような選手がハマるのか、予想しづらい部分があります。そういった意味でも駿汰は、スリーバックでも、中盤の底でも高いクオリティーでプレー出来ますから、チームの緊急事態に即座に対応できるので、私も推せます。
   森保ジャパンは、サイドの選手はある程度の役割は明確ですよね。特徴のある選手も多く、激戦のポジションとなっていますが、私は堂安律(PSVアイントホーフェン)選手に期待しています。
石井:今の森保ジャパンにはセットプレーの絶対的なキッカーがいません。それも含めて私も、堂安選手に期待しています。

石井紘人(いしい・はやと)
ラジオやテレビでスポーツ解説を行う。主に運動生理学の批評を専門とする。著書に『足指をまげるだけで腰痛は治る』(ぴあ)『足ゆび力』(ガイドワークス)など。『TokyoNHK2020』サイトでも一年間に渡り、パラリンピックスポーツの取材を行い、「将棋をスポーツ化した競技『ボッチャ』」などを寄稿。 株式会社ダブルインフィニティ代表取締役でもあり、JFA協力、Jリーグと制作したDVD『審判』、日本サッカー名シーン&ゴール集『Jリーグメモリーズ&アーカイブス』の版元。現在『レフェリー』の予約受付中。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!