2022年 6月 30日 (木)

「リプトン ミルクティー」終売 新製品「ロイヤルミルクティー」の味は

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   紅茶飲料「リプトン ミルクティー」が2022年3月で終売となった。紙パックで、コンビニエンスストアやスーパーマーケットで販売されていた。

   メーカーは、「リプトン」ブランドの紙パック飲料やチルド飲料を扱っている森永飲料だ。同社は3月29日、「リプトン ロイヤルミルクティー」を新発売したが、「リプトン ミルクティー」の愛飲者からは「味が変わった」との指摘がみられる。

  • 3月29日発売の「リプトン ロイヤルミルクティー」(500ミリリットル、画像は森永乳業広報の提供)
    3月29日発売の「リプトン ロイヤルミルクティー」(500ミリリットル、画像は森永乳業広報の提供)
  • 3月末ごろで終売した「リプトン ミルクティー」(470ミリリットル、提供は同)
    3月末ごろで終売した「リプトン ミルクティー」(470ミリリットル、提供は同)
  • 3月29日発売の「リプトン ロイヤルミルクティー」(500ミリリットル、画像は森永乳業広報の提供)
  • 3月末ごろで終売した「リプトン ミルクティー」(470ミリリットル、提供は同)

中身もパッケージも刷新

   「リプトン ミルクティー」の終売は、3月末ごろからツイッター上の一部で話題となっていた。

   同時期に新登場した「ロイヤルミルクティー」の味わいは、ツイッター上で一定の評価を得ている。一方で、長年の愛飲者からは「味が変わって寂しい」との声が複数出ている。

   森永乳業広報IR部に取材した。「ロイヤルミルクティー」は、「従来品から中身やパッケージを大幅に刷新」し、新商品として発売したと話す。

   つまり、味も異なる。広報担当によると、従来品のおいしさを生かしつつも、使用する茶葉の量は5%増。「乳固形分」(乳製品の中の水分以外の部分)は、1.5倍以上に増やした。紅茶の香りやミルク感のコクを高めた「より本格的なミルクティー」に仕上げたという。飲料としての種類別名称も、「紅茶飲料」規格から「乳飲料」規格に変わったと話す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!