2022年 5月 25日 (水)

富士通「PCサブスク」値段は妥当か 「スペック低い」の疑問をぶつけた

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   富士通とレノボの合弁会社・富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が、パソコン(PC)のサブスクリプション(定額課金・以下サブスク)サービスをスタートした。「FMV Prime」という名称で、2022年3月29日から提供している。

   PCの分割購入と各種サポート、修理の際の特典をセットにして利用できるものだ。しかしインターネット上では、サービス内容やPCのスペックと料金を天秤にかけて、「割高ではないか」と疑問の声が挙がっている。

  • パソコンのサブスクのねらいは(画像と本文は関係ありません)
    パソコンのサブスクのねらいは(画像と本文は関係ありません)
  • パソコンのサブスクのねらいは(画像と本文は関係ありません)

5年契約総額23万8800円

   現在、FMV Prime の対象となる機種は、15.6型のノートPC「LIFEBOOK AH」シリーズのウェブ限定モデル「LIFEBOOK WA2/F3」だ。基本ソフト(OS)に「Windows 11」、CPUは「Celeron6305」を採用。メモリは4GBでストレージ約256GBになっている。FMV Primeを利用するにはこれらのスペックのカスタマイズはできないが、「Office Home and Business 2021」(以下、Office)の有無は選択可能だ。

   提供されるサービスは、エントリープランでは「My Cloud プレミアム あんしんスタンダードコース」、「ワイド保証」、「ワンポイントレッスン」がセットパックになっている。

   「あんしんスタンダードコース」では、PCソフト100種類の使い放題や、国内宿泊施設などの優待価格、修理費無料、1年間の無料電話サポートが付いている。「ワイド保証」では、メーカー保証外の破損・損傷、故障でも、無償で修理を受けられる。「ワンポイントレッスン」は、PC、スマートフォンの困りごとをリモートで解決する、電話サポートサービスだ。

   ほかにも「オンライン英会話」や「囲碁ネット対局プラン」など、多数のプランが用意されている。

   Office無しのサブスクで購入する場合はエントリープランの5年契約が3980円から、3年契約では4980円から。それぞれ支払い期間を終えると、総額で23万8800円、17万9280円となる計算だ。

   ただし、契約期間中の途中解約時には、税込5500円の解約手数料とエントリープランの総支払額残責分を一括で支払う必要がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!