2022年 5月 23日 (月)

マスクそろそろ外しても... コロナ「ひと段落」ムードに専門家は

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   いつになればマスクを外せるか、をテーマとした報道を見かける機会が多くなった。政府関係者や専門家は、会見などで「脱マスク」の検討についてたびたび言及している。

   欧米ではマスク着用義務を緩和するところがある。2022年4月29日からの大型連休では2020年以来初めて新型コロナウイルス対策による移動制限がなく、日本では感染への警戒がひと段落ついた状況だ。ツイッター上では「もうマスクはいらない」「暑くなってきたから外したい」といった声を数多く見かける。

  • マスク生活からはもう離れたい?(画像はイメージ)
    マスク生活からはもう離れたい?(画像はイメージ)
  • マスク生活からはもう離れたい?(画像はイメージ)

コロナ担当相の見解

   4月22日付FNNプライムオンラインによると、山際大志郎新型コロナ対策担当相は海外でのマスク着用緩和について、日本でも将来的にマスク着用を続けるのか、議論する必要があるとの考えを語った。

   また同月24日付毎日新聞(電子版)によると、この日NHKの討論番組に出演した山際氏は、新規感染者数が大幅に減少し感染するリスクが減ればマスクは不要になるとコメント。「科学的なエビデンス(根拠)を積み重ねて、こういう場合はもういいじゃないかという事例を増やしながら、徐々に(緩和して)いくのが現実的だ」と、段階的な緩和を検討する可能性を示した。

   後藤茂之厚生労働相は26日の会見でマスクの着用緩和の時期や考え方について問われ、「国民の皆様には、マスクの着用を含む基本的感染対策の徹底についてご協力をお願いしている」と答えている。

   山際氏の討論番組での発言については「緩和にあたっては、専門家の意見や科学的なエビデンスも踏まえながら判断する必要があることについて発言されたもの」と認識を示した。

   4月3日付日刊ゲンダイDIGITAL記事では、浜松医療センター感染症管理特別顧問の矢野邦夫氏が「7月にはマスクを外せる条件が揃うのではないでしょうか」と見解を示した。「ワクチン接種希望者の3回目が終わる時期であること、もうひとつは薬事申請中の塩野義製薬『3CLプロテアーゼ阻害薬』が処方できる環境になっていると考えられるから」と理由を述べている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!