2022年 5月 22日 (日)

電動キックボードの規制ユルユルに 免許不要ノーヘルで交通事故増が心配

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   電動キックボードについてのニュースが目立つようになっている。規制緩和の法案が2022年4月19日の衆議院で成立したことが大きい。これまでも一部で迷惑走行が指摘されていた電動キックボードが、規制緩和でさらに野放し状態になるのではないかと懸念する声が少なくない。

  • ヘルメットをかぶりルールを守って使えば便利な乗り物のはず(写真と本文は関係ありません)
    ヘルメットをかぶりルールを守って使えば便利な乗り物のはず(写真と本文は関係ありません)
  • ヘルメットをかぶりルールを守って使えば便利な乗り物のはず(写真と本文は関係ありません)

「飲酒運転」目立つ

   「無免許で電動キックボード摘発 "改正道路交通法"きょう成立へ」――FNNプライムオンラインは2022年4月19日、無免許で電動キックボードを運転した疑いで、神奈川県横浜市磯子区に住む32歳の男が書類送検されことを報じた。無免許運転による摘発は同県内で初めてだという。

   テレビ朝日「グッド!モーニング」は21日、電動キックボードの飲酒運転が横行している東京・渋谷の実態をリポートした。暖かくなって街では路上飲みをする人が急増。電動キックボードを利用し、「飲酒運転」する人が目立つようになっているという。

   繁華街にある電動キックボードのレンタルスペースを見てみると、複数のアルコールの空き缶が転がっている。番組は、飲酒が疑われる状態で、電動キックボードを利用しようとした男性を直撃した。

   終電を逃した後に、帰宅するための手段として、電動キックボードを利用しているという。

   飲酒運転の男性:「(Q.飲酒運転では?)自転車と変わらないじゃないですか。ぶっちゃけ、終電後の足としてあるけど、そこまで悪いことではないんじゃないかなと思っていて」「タクシーだと3000円、4000円くらいかかるので。全然安いですね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!