2022年 7月 5日 (火)

物価高は「節約」で乗り切れるか 賃金アップはいつになるやら

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   サントリーのペット飲料、スシローの回転ずし――相変わらず身近な商品の値上げ発表が続いている。そうした中で、いかにして暮らしを守っていくか。このところ、各種メディアで「節約術」に関する記事が目立つようになっている。

  • 給料もっとアップしてくれないかなあ…
    給料もっとアップしてくれないかなあ…
  • 給料もっとアップしてくれないかなあ…

回転ずしやペットボトル飲料も値上げ

   サントリー食品インターナショナルは2022年5月16日、緑茶「伊右衛門」など165品目を10月1日出荷分から値上げすると発表した。朝日新聞によると、値上げ幅は希望小売価格(税別)で6~20%。大半の商品で今より20円引き上げる。対象はペットボトルとボトル缶入りの商品で、全品目の約6割に及ぶ。

   ペットボトルの原料や砂糖、コーヒー豆の価格が、円安傾向もあって上昇していることなどが理由だ。500ミリリットル前後が中心の小型ペットボトルの希望小売価格を引き上げるのは1998年3月以来、約24年ぶり。

   回転ずし大手の「スシロー」を運営するフード&ライフカンパニーズも9日、にぎりずしなど一部メニューを10月1日から10~30円値上げすると発表した。毎日新聞によると、1984年の創業以来、最も安いすしは1皿税抜き100円を維持して集客につなげてきたが、値上げに伴い終了する。食材の調達費や物流コストの上昇を価格に転嫁せざるを得なくなったという。

   これらの例でもわかるように、値上げラッシュの中で、早々と10月以降の値上げまで公表される深刻な事態となっている。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!