古橋亨梧と3人の男たち サッカーW杯「ジョーカー」は海外組にいる

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

【連載】サッカー・カタールW杯 森保ジャパン勝負の1年

   サッカー日本代表・森保一監督の表情が、一変した。堂安律(PSV)に関する質問が、記者から飛んだ直後だ。

「日本では『堂安選手に態度の問題があり、(森保監督が)戦力外通告を出した』といううわさが流れました。そういうことがあったけれど和解して招集したのか、全くの事実無根なのか」
  • 古橋亨梧の躍動がW杯でも見られるか(写真:ロイター/アフロ)
    古橋亨梧の躍動がW杯でも見られるか(写真:ロイター/アフロ)
  • 古橋亨梧の躍動がW杯でも見られるか(写真:ロイター/アフロ)

伊藤洋輝「初招集」だが

   キリンチャレンジカップとキリンカップに出場する代表メンバーが発表された、2022年5月20日のオンライン会見のひとコマだ。森保監督は怒りというか、半ば呆れたような表情で、間髪入れずに「あの~、事実ではないので、どう答えていいのか」と苦笑しつつ、「これは言えますけど」と強調するように話し始めた。

「皆さん、色々な選手を招集して欲しいという基準を持っていると思いますけど。毎回、選手を選ぶ枠は決まっていますので、必ず選んであげられるとは、全ての選手に保証できません。良い選手が日本にはたくさんいます。その時のコンディション、戦い方で(日本代表)選手は変わっていく。そこは、(カタールW杯アジア)最終予選で日本の選手層が厚いということは、皆様に見て頂けたかと思いますし、そこは共有させて頂きたい」

   この言葉を聞いて、今まで森保監督率いる日本代表に選出されなかった選手が、カタールW杯メンバーに滑り込む可能性はかなり低いと思った。

   今回、伊藤洋輝(シュツットガルト)が初招集となったが、森保監督が兼務していたU-24東京五輪日本代表候補として選出されたことがある。同様に、今回は選出されなかったものの、カタールW杯出場をかけた試合に、けがの大迫勇也(ヴィッセル神戸)に代わって急きょ招集された林大地(シントトロイデン)も、2018年から21年にかけて森保監督が作り上げた「ラージグループ」に入っている。

   しかし、この「ラージグループ」を重視した姿勢が、メディア含め、見ている側にマンネリを感じさせているように思う。「サプライズが、ない」というわけだ。

石井紘人(いしい・はやと)
ラジオやテレビでスポーツ解説を行う。主に運動生理学の批評を専門とする。著書に『足指をまげるだけで腰痛は治る』(ぴあ)『足ゆび力』(ガイドワークス)など。『TokyoNHK2020』サイトでも一年間に渡り、パラリンピックスポーツの取材を行い、「将棋をスポーツ化した競技『ボッチャ』」などを寄稿。 株式会社ダブルインフィニティ代表取締役でもあり、JFA協力、Jリーグと制作したDVD『審判』、日本サッカー名シーン&ゴール集『Jリーグメモリーズ&アーカイブス』の版元。現在『レフェリー』の販売中。

姉妹サイト