「iPhone14」リーク情報続々 20万円超えでも絶対売れる理由

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   円安を背景に、日本では今月(2022年7月)に入って「iPhone 13」が値上げされ、最も安価な「iPhone 13 mini(128GB)」すら、通信キャリアの販売価格が10万円を超えた。

   一方中国では、既に「iPhone 14」の生産準備が本格化している。中国・台湾メディアの報道やアナリストの分析によると、iPhone14はカメラや高速充電機能のアップデートに伴い、発売価格はiPhone13を大きく上回るが、それでも好調に売れそうだという。

  • 価格も人気も「13」シリーズを超えるか
    価格も人気も「13」シリーズを超えるか
  • 価格も人気も「13」シリーズを超えるか

工場は従業員紹介でボーナス12万円

   iPhoneの世界最大の組み立て拠点である鴻海精密工業(フォックスコン)の鄭州工場は、2022年6月末から工員の募集を拡大している。同社の求人情報によると、既存従業員が新しい工員を紹介すると6000元(約12万円)の紹介ボーナスを受け取れる。入社した人は5400元(約11万円)の支度金が支給され、かつて働いていた人は当時の給与水準で復職できる。

   工場は既にiPhone 14の一部パーツの生産に入っており、8月にはデバイス全体の組み立てが始まるという。

   現時点で多くのメディアが、米アップルが9月に6.1インチの「iPhone 14」と「iPhone 14 Pro」、6.7インチの「iPhone 14 Max」「iPhone 14 Pro Max」の4機種を発売すると予想している。また、特にハイエンドモデルで外観、カメラ、高速充電が大幅にアップグレードされるとのリークが多く寄せられている。

   機能のアップグレードに伴い価格の上昇も指摘され、欧米の複数メディアが、「iPhone 14シリーズの価格はiPhone 13より100ドル(約1万4000円)値上げされる」と報じている。中国では、iPhone 14 Proが8999元(約18万円)~、iPhone 14 Pro Maxが9999元(約20万円)~との予想が広がっている。

姉妹サイト