2024年 4月 20日 (土)

iPhone「値上げ」でどうなった スマホ大幅値引き販売現場のその後

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   家電量販店が、スマートフォンを大幅に値引いて売り出すことがある。総務省は、こうした端末を転売目的で購入する「転売ヤー」を問題視。携帯電話各社に対策を求める方針を2022年7月19日に示した。同日公開の「競争ルールの検証に関する報告書」内でまとめている。

   ところで、人気機種「iPhoneシリーズ」では近ごろ、各キャリアで値上げが相次いだ。現在でも、大幅な割引を伴うiPhoneの販売は実施されているのか。

  • iPhone値上げの今、大幅値引きの現状は (画像は左からiPhone 13 Pro 、iPad mini(第6世代)、iPhone 13 mini)
    iPhone値上げの今、大幅値引きの現状は (画像は左からiPhone 13 Pro 、iPad mini(第6世代)、iPhone 13 mini)
  • iPhone値上げの今、大幅値引きの現状は (画像は左からiPhone 13 Pro 、iPad mini(第6世代)、iPhone 13 mini)

「mini」は各社10万超え

   7月中旬にかけて、NTTドコモでは「iPhone 13 mini 128GB」が9万8208円から11万6710円に。au(KDDI)では10万1070円から11万6310円に。ソフトバンクでは10万1520円から11万6640円に上がった。8000~1万6000円の値上げ幅だ。

   またNTTドコモでは発表が見当たらないが、ソフトバンクとKDDIについては廉価版モデル「iPhone SE」(第3世代)と、「iPhone 12」についても値上げをしている。

   KDDI版を例にとると、iPhone 12 の「64GB」モデルだと9万4485円から11万1855円に。iPhone SEの64GBモデルは6万5335円から7万935円となった。どちらも5000円以上の値上げだ。

   J-CASTトレンド記者が3月中旬に東京都内の家電量販店を訪れたときには、iPhone13 miniを100円未満で、あるいは「iPhone SE 64GB」を「機種代一括1円」で買えるとするポップ広告を目撃した。現状を改めて調べた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!