2024年 3月 3日 (日)

「マクドナルド 駒場東大前店」閉店に 今は貴重な「カタカナ」看板も消える

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   マクドナルド駒場東大前店(東京都目黒区)が2023年1月31日で閉店し、23年の歴史に幕を下ろす。東京大学をはじめ近くに学校が多いためか、学生時代に思いをはせ、多くの人が悲しみや驚きの投稿をツイッターに寄せている。

   実はこの店、今は珍しい、カタカタで「マクドナルド」と書かれた看板が掲げられている。

  • 「マクドナルド」だけでなく「ハンバーガー」の文字が
    「マクドナルド」だけでなく「ハンバーガー」の文字が
  • 「マクドナルド」だけでなく「ハンバーガー」の文字が

ちょっと変わった構造

   現在、街中で見るマクドナルド店舗の看板の多くは、シンボルマークの黄色い「M」と、英字表記の「McDonald's」になっている。この「M」は、「ゴールデンアーチ」と呼ばれる。しかし、平成初期までは、ゴールデンアーチとカタカナの「マクドナルド」が使われていたのだ。

   23年1月13日、J-CASTトレンド記者は現地を訪れた。店舗は京王電鉄井の頭線・駒場東大前駅の西口改札を出て、すぐ左手に見えてくる。店の構造が変わっており、自動ドアの先はシャッターが降りているように見える。

   「既に終業か」と思ったが、中に入るとシャッター手前左側に通路があり、マクドナルドの注文カウンターが現れた。この日は営業していた。一方、シャッター横には確かに、1月31日での閉店を知らせる張り紙があった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!