2024年 5月 27日 (月)

「すだち」不作で広がる影響 ぽん酢や酒の販売休止が相次ぐ

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   徳島県の特産品「すだち」が不作により品不足となっている。すだちを原材料に用いている複数の食品メーカーからは、商品の販売休止が発表されている。

   2022年9月15日付「NHK NEWS WEB」によると、すだちは徳島県の収穫量が全国の99%を占める。同記事によれば、最大の産地である徳島県神山町では、露地栽培のすだちは例年8月から9月にかけ約180トンが出荷される。一方、農家が高齢化しているのに加え、2022年は収穫が少ない「裏年」にあたり、同年では100トン~120トンにとどまる見込みと報じられていた。

  • 「すだち」が不作に見舞われている
    「すだち」が不作に見舞われている
  • 「すだち」が不作に見舞われている

「極度」・「歴史的」不足

   菊正宗酒造(神戸市)は2023年1月30日、製造している「菊正宗 すだち冷酒」について2月中の出荷をもっての販売休止を発表した。

   徳島県産すだちの「極度の不作」により原料に用いるすだち果汁の供給が追い付かず、他県からの調達も難しいためだという。販売再開の予定は「収穫量のめどが立ってから」とのことだ。

   食酢メーカー「内堀醸造」(岐阜県八百津町)は2月1日に「美濃特選味付ぽん酢 360ml」という商品について3月ごろの生産をもって休売すると発表した。

   説明によると、この商品はメディアに取り上げられたのを背景とし、近ごろは想定を上回る注文が寄せられていた。原料に使うすだちの「歴史的な不作」が重なったことで、販売継続を断念したとのことだ。原料の配合と味の変更も検討したが、万全の体制で販売を再開する考えに至ったという。9月上旬をめどに供給再開予定だ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!