2024年 5月 19日 (日)

「冷やしカレーはじめました」 ルーの下にはひんやり「酢飯」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   夏が、来た。金沢カレーで知られる「チャンピオンカレー」(石川県野々市市)は、2023年7月3日から「冷やしカレー」を23店舗で発売する。冷やし中華の間違いじゃないかって?いや、本当にルーからライスまで冷たく仕上がったカレーを提供するらしいのだ。

   「カレーは熱くてなんぼちゃいますの!?」――。血走った目でこう叫ぶのは、カレー原理主義者ことJ太青年。自宅では市販のルーを使わずスパイスでカレーを作ることもある僕だが、冷たいカレーを食べた経験は、人生で一度もない。とはいえ、新たな香辛料の世界に対する知的好奇心が湧いてくる。チャンピオンカレーが開いた試食会へ足を運んだ。

  • ルーもライスも冷たいぞ! 「冷やしカレー」
    ルーもライスも冷たいぞ! 「冷やしカレー」
  • ルーもライスも冷たいぞ! 「冷やしカレー」

具材は小ぶりなトマトや蒸し鶏

   もちろん普通のカレーを放置すればそのままおいしい冷やしカレーになる、なんてことはない。固形ルーや豚肉を使った家庭のカレーが冷えると、冷えた脂肪や小麦粉が固まってざらざらするなど、奇妙な食感に変化するのが普通だろう。では、いかにおいしく冷えたカレーを作るのか?そこが今回のJ太的キーポイントだ。

   試食会場にて、テーブル上の資料に目を通す。

「冷やし中華はじめました」のノリで
「冷やし中華はじめました」のノリで
J太「へえ『キリっとした辛さが特徴の未体験のカレー』か。カレーに合わせるライスは酢飯ねえ。...酢飯だと!?」

   冷たいカレーというだけで未知なのに、「酢飯」。カレー原理主義者の常識はたやすく覆され、脳がぐわんぐわんと揺れた感覚に。放心中のJ太の元に、試食品の「冷やしカレー」が運ばれてきた。

   金沢カレーらしいステンレス製の皿。しかしカレーの上に乗るのは定番のトンカツではない。ダイスカットされたトマト、蒸し鶏、ヤングコーン、そしてネギと、見た目からしてさっぱりとした涼しげな面々だ。ステンレス皿の底は、冷たい。冷気で結露しているのではないかと触ってみるが、さすがに濡れてはいなかった。実食といこう。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!