真夏の海水浴でお漏らし寸前 気温30度超えも「冷え」どうして

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

【連載】お腹トラブル天国と地獄 ~運命の選択~

   20代の男性・悠平さんは、友人と海水浴へ。時間を忘れて泳いでいると、腹痛と下痢に襲われてしまいます。せっかくの楽しい時間で、絶体絶命に。回避するためにはどうすればいいのでしょうか。

  • 泳ぎ続けていたら、予想だにしていない大ピンチに
    泳ぎ続けていたら、予想だにしていない大ピンチに
  • 泳ぎ続けていたら、予想だにしていない大ピンチに

こまめに浜辺に上がっていたが...

   海水浴場に到着すると、友人たちとすぐに海に入る悠平さん。シュノーケリングで遊泳を楽しみます。当日は、真夏の炎天下で気温も30度を超える真夏日。熱中症が心配なので、こまめに浜辺に上がり水分補給も行っていました。休憩もそこそこに、水を飲んだらまたすぐ海の中へ......。朝から海に入り、気がつけば昼過ぎまでほとんどを海中で過ごしていました。

   友人たちと「もう少し沖の方へ」と泳ぎ出したとき、突然、悠平さんに異変が起こります。痛みとともにお腹がゴロゴロと鳴りだし、少しでもお尻に力を入れたらうんちが漏れてしまいそうです。なんとか海から上がり、超特急でトイレへ。体調不良なども特になかった悠平さん、どうしてこんなことに?

   実はこの日の行動で、「落とし穴」がありました。海水浴中の突然の腹痛と下痢を起こさないために気をつけるべきなのは、「まとまった時間の休憩をとる」「海に入る前に準備運動をする」のどちらでしょう。

姉妹サイト