2024年 2月 22日 (木)

VR記者、即興劇で笑いを取る 初心者も観て、参加して楽しい「VR演劇」

   ダンスや演劇はもはや、「現実世界」だけのものではない。メタバース(仮想空間)内で、アバターを操るユーザーが芝居やダンスなどを披露する「VR演劇コミュニティ『メタシアター』」(主催:メタバースユーザーの「ぬこぽつ」さん)が、2023年11月23日~26日に行われた。出展ブースを中心とした「エントランスワールド」と、大中小の3つの劇場で構成されたVR空間で行われるイベントだ。

   今回は、XRをテーマにした常設施設「新宿NEUU」(東京都新宿区)でも観劇できると聞き、VR記者カスマル(リアルの姿)も足を運んだ。観るだけかと思いきや――驚きの展開に。

  • なんでもありの即興劇
    なんでもありの即興劇
  • 「新宿NEUU」にて、VRゴーグルをかぶり、VR演劇を観ている様子
    「新宿NEUU」にて、VRゴーグルをかぶり、VR演劇を観ている様子
  • なんでもありの即興劇
  • 「新宿NEUU」にて、VRゴーグルをかぶり、VR演劇を観ている様子

稽古や舞台は全国各地からフルリモートで

   カスマルは、11月24日11時~13時の会を取材した。メタバースやVR空間上で4人がパフォーマーとして活動するチーム「カソウ舞踏団」、VR空間でインプロ(即興劇)パフォーマンスを行う演劇団体「白紙座」が、それぞれが30分程度上演する。

   リアル会場に用意された席に座って、渡されたVRゴーグルを被る。カスマルはいつもの姿ではなく、今回は妖精のアバターになって、VRChat内の特設ワールド(劇場)に入った。

妖精アバターに扮したカスマル
妖精アバターに扮したカスマル

   特設ワールド内には、カスマルの他に参加者が4人。全員、妖精の姿で待機していると、4人のアバターが瞬間移動で登場し「カソウ舞踏団」の公演が始まった。

   ダンスのショースタイルだ。本当に目前で、生身の人間がダンスを踊っているかのようななめらかな動き。流れる音楽に合わせて衣装を変えたり、アバターの後ろに煙や花といったアイテムが次々に出たり消えたりと、VRならではの演出が施されていた。衣装はその時々のイベントに合わせて変えているという。今回は和洋混ぜ合わせたようなデザインだった。

「カソウ舞踏団」のパフォーマンスの様子
「カソウ舞踏団」のパフォーマンスの様子

   「カソウ舞踏団」団長によると、団員全員が稽古や舞台を、自宅からフルリモートで行えることが魅力だという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!