「地方の中小企業には広報担当がいない」

印刷

   北海道・苫小牧市の偽ミンチ事件。昨日4度目の記者会見をした。往生際の悪い田中實社長だったが、取締役の長男にいさめられてようやく「社長指示」を認めた。

   会見はファミリー経営そのままの席順。左から中島正吉工場長、田中社長、3男の恵人専務取締役、長男の等取締役の4人が出席した。リポーターによると、田中社長と跡取りに決めている恵人取締役の2人でひそひそ、人ごとのような対応だったという。記者とのやり取りの一部を再現すると。

   Q「いつ頃から混ぜていたのか」
   社長「混ぜたというより混ざったということのほうが多い」

   Q「誰が指示したのか」
   社長「工場長から相談をうけた」
   工場長「(躊躇しながら)社長がいったと思います」

   Q「指示したんですか?」
   長男「(社長へ)あいまいな表現はやめて、本当にやったならやったといって下さい」
   社長「指示したことはあります」

   Q「(工場長に)社長にやめるよう言わなかったのですか」
   工場長「言ったことはありません。雲の上の人ですから」

   キャスターの小倉智昭は、会社の支離滅裂なマスコミ対応については多少、同情的なコメント。

    「この会社も地元では大企業なのでしょうが、地方の中小企業には危機管理能力とか広報担当とかがありませんから、大混乱しちゃったんだと思います。取引先に大企業が多いが、これで完全に切り捨てられるでしょう。前途真っ暗ですね・・・」

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中