「クローズド・ノート」
主演・沢尻エリカよりも竹内結子の演技がいい!

印刷

   行定勳監督の「クローズド・ノート」は涙なくしては見られない作品だ。

(C)2007「クローズド・ノート」製作委員会
(C)2007「クローズド・ノート」製作委員会

   女子大生・香恵(沢尻エリカ)が引越した小さなアパートの隠し戸棚に残されていた一冊のノート。前の住人だった小学校の先生・伊吹(竹内結子)の日記だ。そこには、小学校4年生の教え子たちとの交流や偶然再会した大学時代の同級生・隆(たかし)への燃え上がる恋心が記されていた。何れも時間経過と共にドラマティックな進行をみせる。「隆のこと考えるのって楽しい。私の心の隆は本物より優しいかも。でも、それも隆だよね。幸せな気分にしてくれてありがとう。」

   一方、香恵自身もバイト先の万年筆屋で出会ったイラストレーター、リュウ(伊勢谷友介)に想いを抱く。ノートを挟んで過去と現在でストーリーは展開して行く。観客は香恵が日記を読み終わった時に何が起こるか、伊吹と香恵とにどんな繋がりが隠されているのか、興味津々となる。

   ミステリー作家雫井脩介の原作。これといって大きな賞をとっていない雫井だが、このところ売れっ子で、豊川悦司主演の「犯人に告ぐ」は今年最高の推理映画になっている。「クローズド・ノート」の方はミステリー要素を織り込んだロマンス、純愛物語だ。香恵の視点で描くドラマが途中であっと驚くドンデン返し。そこからは一気呵成に涙、涙の展開になる。

   サブ・プロットの伊吹先生と子供たちの交流も良い。原作ではそれほど子供たちとの関係を描いていないが、映画はかなり力を注いでいる。不登校生徒への愛情と励まし。「生きる力」を意味する胸を叩くジェスチャーや想いを載せた紙飛行機、生徒一人一人の長所を見つけて紙で作った「伊吹賞」のメダルなどが映画を盛り立てる。行定監督は子供たちの扱いが「遠くの空に消えて」でも上手かった。

   伊吹を演じる竹内結子は「サイドカーに犬」に続いて好演している。中村獅童なんかと別れて良かったんじゃない。主役の沢尻エリカも良いが、主演はむしろ竹内だ。伊勢谷は長髪に頬がこけたイラストレーターに実感が籠もっており、鈍感な男を演じて説得力がある。

   同じ行定監督の「世界の中心で、愛をさけぶ」より、はるかに出来も良く感動的。製作パートナーにTV局が入っていないので興行成績が懸念されるが、ここは主製作者の東宝が巨額の宣伝費を使ってPRをすれば、純愛路線の復活とヒットに繋がるのではないだろうか。

恵介
オススメ度: ★★★★★
2007年日本映画、東宝配給、2007年9月29日公開
監督:行定勳
出演:沢尻エリカ / 竹内結子 / 伊勢谷友介
公式サイト:http://closed-note.com/index.html
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中