2019年 2月 24日 (日)

テレ朝の新番組「体育の時間」はTBSをパクっただけ?

印刷

   9月5日の深夜にテレビ朝日で「すくいず!」という番組を放送していた。

   今回は「スポーツ&カジノ」略して「スポカジ」だとかで、いろんなタレントやスポーツ選手がさまざまな勝負で体力を競い、その勝敗をゲストの榊原郁恵と井森美幸が予想するという趣向だった。司会は、10月から始まる同じスタイルの番組「体育の時間」でMCをする船越英一郎だった。

   幅50センチ、長さ50メートルの一本橋を逆立ちで渡りきる「逆立ち一本橋競争」とか、30メートルのうんていをする「モンキーバー」とか、独自の競技でペナルティのワッキーや石丸謙二郎なんかが競うわけだけれど、どれもTBSの筋肉番付やSASUKEにそっくりで、「どこかで見たことがあるな」という映像ばかりだった。

   ちょうど同じ日の夜7時にTBSでやっていた「筋肉美女世界No1決定戦」にもよく似ていたし、SASUKEの常連だった山田勝己が出ていたりして新味がなかった。これじゃほとんどパクリじゃないか? そう思ってしまったよ。

   ちょっとカジノ風のしつらえをしているだけで、根本的には何も変わっていない。新番組の「体育の時間」もこの手の番組だと思うが、「もうちょっと考えないの、君たち?」と言いたいね。

      パクるより ほかに手もなき テレビ界

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中