年金着服の元係長「住み込み風俗店」で逮捕

印刷

   年金着服で指名手配されていた、もと小倉南社会保険事務所係長の北川勝久容疑者(37)が昨日(10月8日)、熊本の風俗店で逮捕された。着服問題での逮捕は初めてだ。

全部いけますかね?

   北川は昨年夏に依願退職していたが、これまでに7人からの年金保険料約100万円を着服したとして、同事務所から告訴されていた。手配の容疑は2人分30万円の業務上横領容疑。本人は容疑を大筋で認め、着服した金は消費者金融からの借金の返済に充てていたと、話しているという。

   8月から住み込みで風俗店で働いていたというが、自分が指名手配されていることは知らなかったという。年金がこれだけ問題になっていても、関心を持たず、ニュースも見ていなかったらしい。そんな男が係長を務めていたとは、いったいどういう組織なのか。

   テリー伊藤は「時効前の人が8人、9人いますから、ぜひやってほしいですよね」

   加藤浩次が「全部いけますかね」というのに、宮崎哲弥は「舛添さん(厚労相)は、自治体が告発しなければ、社保庁が告発するといってますからね。それが筋でしょう」

   年金問題では、舛添厚労相が今日(9日)、閣僚レベルの会合の構想を明らかにした。安倍前首相が約束した「3月までの名寄せ」に間に合わせるために必要だとして、財務、総務などの閣僚のほか、民間の識者の知恵も借りたいといっている。

   やはり、尻に火がついてきたということか。これにくらべれば、着服なんかは単純な話。さっさと片付けて当たり前なのだが‥‥。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中