2018年 6月 24日 (日)

ギョーザ問題「解釈」の解釈分かれる(今週のワイドショー通信簿<下>)

印刷

   今週金曜(2月8日)段階のアクセスランキング上位3位は、いずれも倖田発言関連記事だった。ほかに「とくダネ」通信簿「小倉『中国ではないというニュアンス強い』 中国幹部発言どう解釈?」(2月7日)など9本もギョーザ問題記事が集中した。週末には、前時津風親方らが、弟子を暴行して死に至らしめたとして傷害致死容疑で逮捕されたことを受け、「朝ズバ」通信簿「前時津風親方ら逮捕 兄弟子たちも『被害者』か」(2月8日)などが取り上げた。

(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中