2020年 11月 30日 (月)

2月29日「離婚にぴったり」か 獅童・竹内の「意図」

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   中村獅童(35)と竹内結子(27)、大物カップルの離婚がついに成立という話題を、みといせい子リポーターが元気に報告する。題して「意外な離婚条件」。

触れられたくない?

   できちゃった婚、出産、獅童の酒気帯び運転、女優との浮気からドロ沼離婚協議への流れを映像で振り返ったあと、本題に入る。

   みといによると、親権を竹内が持つことはお互い早くから同意していたが、「定期的に長男に会わせてほしい」という獅童側の要望を竹内側が拒み、これが協議を長引かせていたらしい。結局、竹内が受け入れた形になったが、そこでつけられた条件が「竹内との結婚生活を、今後一切しゃべらない」こと。暴露本などめっそうもない、ということか。あまり意外とも思えないけど、芸能界ではそうでもないのか。

   「離婚届の提出されたのが2月29日です。出そうと思えば、もっと早く出せたはずなのに、この日にしたのは、今年がうるう年で、4年に1回しかやってこないからか」(みとい)

   赤江珠緒「竹内さんとしては触れられたくない?」

   吉永みち子「自分が歩んできた道を、お子さんをなしたことまで含めて拒否するのは、相当、激しいものがある」

   みとい「女性問題が結子さんのプライドを傷つけたのでは」

   なるほど。仕事面は二人とも順調だそうだ。それが何よりもの救いでしょう、きっと。

文   アレマ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中