2018年 7月 20日 (金)

「危ない」お笑い芸の危ない現状

印刷

   NHKの「笑いがいちばん」。チャーリーカンパニーという、懐かしいコントをやるコンビが映っていた。浅草芸人の匂いがする昔ながらの芸人たちだ。テレビではかなり久しぶりに見た気がする。

   ネタは、あみだくじを使った「ごまかし芸」で金を巻き上げるという、特に新鮮味もない話だった。それでも2人のやりとりはどっしりしたもので安心してみることができた。そこはキャリアを感じた。

   お笑い芸人がテレビを席巻しているといってもそれは若手たちだけのことで、チャーリーカンパニーはTVとは縁遠くなる一方だろうな、などと考えながらチャンネルを変えていると、なんと日本テレビの笑点にも出てるじゃないか。びっくりした。1日に2度もテレビでチャーリーカンパニーを見るなんて。と楽しみにしてみると、ネタはさっき見た「笑いがいちばん」と同じあみだネタだった。たまたま放送日が重なったんだろう。それにしても、せっかく1日に2回もテレビに出るという彼らにとって「最高」の日だったのに、ネタがかぶるという「最悪」の結果になってしまった。ネタの調整をしようと思えばできたんだろうけど。

   いずれにせよ、ベテラン勢にもがんばってほしい。若手にはない「芸」を感じさせてほしい。

      浅草の 匂い懐かし 危ない芸

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中