2018年 5月 25日 (金)

奈良の「せんとくん」デザイナー登場 「反対運動ありがたい」

印刷

   奈良遷都1300年記念のマスコット・キャラクターの名前が「せんとくん」と決まった。童子の頭に角が生えているのが、「気持ち悪い」「面白い」と賛否にぎやかだった例のヤツだ。

きもかわいいは新しい文化

   「スッキリ」ではテリー伊藤が「ぬる坊」なんて名付けて、勝手連よろしく"奮闘"していたためか、デザインした彫刻家の藪内佐斗司・東京芸大教授がナマ出演して、はじめてその意図などを語った。

   加藤浩次が「教授」と呼びかけたところ、まず「教授はやめてください。わたしは彫刻家です」「わかりました」から話が始まった。

   テリーは「気持ち悪いというのも多少あります。が、きもかわいいというのは新しい文化。いい作品だと思います。大阪万博の岡本太郎氏の『太陽の塔』だって批判された」

   コンセプトについて聞いた加藤に、藪内は「童子というのは、もう20何年描いているもので、エネルギーの象徴。遷都1300年の奈良の気をもったものとして作った」

   「でも角について批判がありますね」(加藤)

   藪内「私のところに800通以上きているメールで、批判は3割ですね。愛称募集では1万4500通、大半はかわいいと」

   おおたわ史絵が「批判があるというのは、それだけ気になっていることだと思う」

   江田けんじも「遷都(祭)なんて知らなかったが、これで行ってみようという気になった。奈良県の意図は達成されたんじゃないの?」

   藪内「反対運動があることは知ってます。私にはありがたい」

   加藤が「キャラクターを別に作るという動きもありますね」というのに、「結構なことだと思います」「キャラクターまつりみたいなことになっても?」「大丈夫」

   で、気になるのは、「ぬる坊」の行方だ。

   葉山エレーヌが「スッキリのために何か?」と聞いたが、「これは奈良県のもので、もうわたしのものじゃない」。で、加藤が「スッキリのために何か作ってもらえますか?」というのに藪内は「喜んで」。「ウワー」となったところで時間切れだった。

   「ぬる坊」はこれで終わりだが、名前としては傑作。「せんとくん」より、ずっときもかわいかった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中