死人が生き返りブラピの名が……

印刷

   「今朝はこのビッグニュースからお伝えします」。芸能コーナー「芸能面ひろい読み」がはじまると、アシスタントの竹内香苗アナは「『黄泉がえり』甦る」の日刊スポーツ記事をプッシュ。

黄泉がえりといえば…

   しかし、肝心のみのもんたは「ヨミがえり? 黄泉の国から?」となんだか腑に落ちない様子。死んだ人が続々と甦り、家に帰ってくる映画「黄泉がえり」のことはご存じなかったようだ。

   同作がドリームワークスによってリメイクされることになり、主役候補にトム・クルーズ、ブラッド・ピット、レオナルド・ディカプリオら大物俳優の名が――と竹内が紹介すると、ここでもみのは「ひとつの役を何人でやるの?」ととぼけた質問をするなど、今日も芸能コーナーでの手抜きにぬかりがない。

   それでも「黄泉がえりといえばアンチェインド・メロディのあれ(ゴースト)もそうだよね」と鋭く指摘し、竹内が「ゴーストのように1人ではなく、大勢甦るのはハリウッド初で――」と教えると、「あんまり甦らないほうがいいんじゃないの」と疑問を投げかけた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中