オリックス監督が辞任 「相当ムカついたから」説

印刷

   「オリックスの監督どうしたの?」と朝ズバッ!司会のみのもんた。スポーツコーナーのトップは、プロ野球オリックス・バファローズのコリンズ監督だ。開幕わずか2か月で電撃辞任を発表した。

この憮然とした顔

   番組の会見映像で、就任2年目の監督は「情熱がなくなったから」と自分勝手ともとれる理由を語る一方で、「選手やコーチが野球に情熱をかたむけてくれたことに感謝してる」と周囲への気遣いも忘れなかった。

   しかし、これを聞いたみのは首をかしげて言う。「監督が情熱をなくすってことは、選手やコーチが言うこと聞かなかったからじゃないの。この憮然とした顔を見ても、相当腹に据えかねたんじゃない」

   「これはフロント陣にも責任があるね」と、どんどん独断専行気味に憶測をふくらませる。スポーツ担当の高畑百合子アナが「会見では情熱がなくなったということでしたが…」と『事実』の足かせをはめにかかると、しぶしぶ停まったみの。かわりにスポーツ新聞の記者に取材命令を出していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中