2018年 7月 18日 (水)

ギャル曽根のスッピン顔 宮崎哲弥の論評は……

印刷

   <テレビウォッチ>あらゆる食品の値上げのなかで、メタボが問題視され、飽食の時代が過去のものとなりつつある。その最後の「あがき」?か、大食いクイーンとして売っているギャル曽根(22)が自叙伝を出した。

ミュージシャンっぽい

   タイトルは『食べても、食べても太らない大食いHappy道』。『スッキリ!!』の「芸能おもしろ1週間」で井上公造が取り上げた。

   ギャル曽根は、本の発売イベントでのインタビューに「生きてきてから今までのことが全部詰まった人生みたいな本です。スッピンも載せています」と。読んでもないのに言っては悪いが、読むとゲップが出るのでは。

   また「テレビでスッピンはNGですか?」の問いに「NGです。買った人しか見せないです」と、しっかり販促も。

   スッピンを見ても胸やけがするだけかもしれないのだが、井上がスタジオに持参した本をコメンテーターだけに披露した。

   まず葉山がこれを見て「アッ、あどけない。かわいいですネ」、テリー伊藤も「別人では? こっちの方がいいかも、ミュージシャンぽい」。 席にいた評論家の宮崎哲弥が、テリーに呼ばれて渋々?やってきて一見し「かわいいじゃん」。

   男性との交際についてギャル曽根は「ここ2、3年はご無沙汰」で、やはり色気より食い気とか。

   テリーは「普通、男性がカネ出すじゃないですか。ギャル曽根と付き合うと相当カネないと無理ですネ」。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中