がん特集 見てよかった

印刷

   <テレビウォッチ>NHKの「ためしてガッテン」。今回は「転移を抑える新治療! がん徹底予防術スペシャル」を見た。

   がんは、日本人の死亡原因1位で、3人に1人ががんでなくなっているそうだ。

   自分もがんを患っているのでよく分かるが、完璧に直る、という訳にはなかなかいかない。転移の問題もあるし、がんとは「共存」していかねばならない。

   治療には時間がかかるし、お金もかかる。薬もきちんと飲む必要があるし、かなり自己管理が問われる病だ。新しい治療法や薬が開発され、存命率は格段によくなっているそうだ。

   とはいえ、がん細胞はしぶとくて、薬にも抵抗力をつけてくる。これまでの発想を変えた治療の確立がこれからの課題だ。

   番組は、様々な映像や図解を使って分かりやすかった。手作り感があって好感がもてる。立川志の輔と小野文惠アナも相変わらずいい味を出していた。見てよかった。

      共に生き 共にくたばる がん細胞

   *<編集部注>*
J-CASTテレビウォッチで連載中の「横澤彪のチャンネルGメン69+1」が、「テレビの貧格」(東洋経済新報社、1400円=税別)として出版されました。出版を記念して、テレビウォッチでは、横澤さんの直筆サイン入り「テレビの貧格」を5人の方にプレゼントします。みなさんに川柳に挑戦して頂き、「優秀賞(Gちゃん賞)」に選ばれた5人の方へ郵送させて頂きます。詳しくは以下の記事に載っています。なおケータイからは、応募欄へのアクセスはできません。PCのご使用をお願い致します。

   *「『川柳で 横澤さんに 挑戦だ』 サイン本プレゼント」(2008年6月24日)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中