橋下知事の「バトル」 他人ごとか

印刷

   <テレビウォッチ>NHKスペシャルが、大阪府の再建問題を取り上げていた。5兆8000億円の借金で、1日の利子が2億円という「瀕死」の状態だ。

   橋下徹知事が大なたをふるう改革案を出し、議論の舞台は府議会へ移った。「1100億円の収支改善」という案を前に、削られる側の人たちが自分たちに関係する事業・施設の必要性を訴えている場面もあった。橋下知事も大まじめに議論していた。市町村の反発も強いようで、府議会の議論は要注目だ。

   自治体の借金問題と、借金を減らすためにどこまで誰が「痛み」を受け入れるのか、は大阪のみならず全国的な問題だろう。少なからぬ自治体は大阪と似たり寄ったりな状況なのではないか。

   こうした大状況に、ある意味素人のオボッチャマ知事が殴り込みをかけた、というのは非常に面白い。今後どう転ぶかは、これからの展開を見ないと分からない。いずれにせよ、こうした危機的状況を世に知らしめたのは、橋下知事の手柄だろう。

   血の通ってない改革案だといえばその通りだ。しかし、それを断行せねばならないところに知事の苦悩がある、という訳だ。

      改革に 通天閣も 泣いている

*<編集部注>*

J-CASTテレビウォッチで連載中の「横澤彪のチャンネルGメン69+1」が、「テレビの貧格」(東洋経済新報社、1400円=税別)として出版されました。出版を記念して、テレビウォッチでは、横澤さんの直筆サイン入り「テレビの貧格」を5人の方にプレゼントします。みなさんに川柳に挑戦して頂き、「優秀賞(Gちゃん賞)」に選ばれた5人の方へ郵送させて頂きます。詳しくは以下の記事に載っています。なおケータイからは、応募欄へのアクセスはできません。PCのご使用をお願い致します。

*「『川柳で 横澤さんに 挑戦だ』 サイン本プレゼント」(2008年6月24日)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中