バタフライ「銅」松田丈志と女性コーチの下宿生活

印刷

   <テレビウォッチ>競泳200メートルバタフライで銅メダルを獲った松田丈志(24)の第一声は少し変わっていた。「不思議ですね。これが自分色のメダルです」。そして「とにかくありがとうと、早くメダルをかけてあげたい」

人間として育てた

   かける相手は、久世由美子コーチだ。そして言葉通りに、表彰式のプールサイドにいた久世コーチを抱きしめて、首にメダルをかけた。

   宮崎の25メートルプールで4歳から松田を見ている。ビニールで覆っただけの素朴なプール。松田が小学5年生のころの映像があった。「5年生にしてはね」という久世コーチ。さらに本人が、「高校生と泳ぐと、ひっぱられてタイムも出るから」と答えていた。

   大学に進学するときも、コーチとして久世を受け入れてくれるかどうかが絶対条件だった。中京大だけがそれを容れた。いま、名古屋で一緒に下宿生活をおくっている。旅費なんかは自分もちだという。「お母さんみたいなもの」と周囲もいう。だが、コーチになると鬼になる。

   松田は、「仕事でもないし、お金でもないし、すごく温かい。ここでやっていける自信がある。自分の中で」と。久世コーチは、「アテネでは、決勝にはでたがメダルなしで、居心地がわるかった。だから今度はメダルを」という。

   シドニーの北島康介がそうだった。彼もその「居心地の悪さ」をバネに今日を開いて、この朝200メートルでも2冠を達成した。松田はその最初のステップにいる。ただ、松田には、頭の上に怪物フェルプスがいた……。

   白石真澄は、「精神的な支えなのでしょうね」

   小木逸平も「最新の理論が久世コーチにあるわけでもない」

   石丸幸人は、「オリンピックのメダルって、技術的、精神的あるんでしょうが、最終的にはこういう絆の強さ」

   鳥越俊太郎も、「人間として育てたということだろうな。これから生きてくる」

   同じ日、柔道70キロ級で2冠を達成した上野雅恵も柔道一家の強い絆があった。前日の谷本歩実もそうだった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中