ラッコの驚愕ジャンプ力 「魚魚リンピック」で披露

印刷

   <テレビウォッチ> ラッコといえば、海に浮かんで貝を割ってるイメージ。ところが、じつは意外な跳躍力の持ち主なんだそうである。

女デーブかと…

   三重県の鳥羽水族館で夏休み中に開催されている「魚魚リンピック」では、ラッコが水槽の上部に張りつけたイカの切り身めがけてジャンプするという競技がある。

   出場者はメス12歳のタマちゃん。この日は140cmの自己新(および世界新?)記録に挑み、7回目の挑戦で見事にイカを前足ではたき落とした。一度水槽に潜り、勢いをつけてジャンプする姿は、まるでイルカかトビウオのように身軽。子供たちは大喜びで、北京五輪の金メダリストにも匹敵する賞賛を浴びた模様だ。

   さて、これを目の当たりにした高木美保のコメント。「金メダルの代わりに金メダイをあげたらどうですか」。「デーブさんですか? 女デーブかと思いました」と笠井信輔アナもビックリ。ラッコの跳躍よりも驚いた様子ではあった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中