2018年 7月 23日 (月)

千秋 「全身ヴィヴィ子だった」ころのお宝公開

印刷

   イギリスのファッションブランド「Vivienne Westwood」のコレクターとしても有名なタレントの千秋は、雑誌「Zipper」で「ヴィヴィ子」だった頃に集めた「レアモノ」を公開するという。2008年10月28日のブログから。

   「Vivienne Westwood」は、SMの要素を取り入れたパンクファッションや、19世紀のヨーロッパのドレスからインスピレーションを得たエレガントなものなど1970年代から特徴的なコレクションを展開し、熱狂的なファンも多い。千秋もその1人で、Vivienne Westwoodが日本でまだ全国展開やライセンス販売されていない頃の「ポリシーが詰まったオールドびびあん」や「レアモノ」をたくさん持っているそうだ。雑誌「Zipper」の企画で、その一部を公開している。デザイナーのヴィヴィアン本人からオートクチュールで仕立ててもらった洋服もあるという。

「あの頃、たまに全身ヴィヴィ子だったワタシは
ロッキンホース(分厚い木底の靴)で階段ダッシュ出来たんだよ
今はスニーカーでもビーサンでもダッシュ出来ません
階段上がったらはあはあはあだよ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中