恋人は等身大人形 でもすごくまじめ・感動もの(ラースと、その彼女)

印刷
(C)2007 KIMMEL DISTRIBUTION,LLC All Rights Reserved
(C)2007 KIMMEL DISTRIBUTION,LLC All Rights Reserved

   <ラースと、その彼女>小さな田舎町に暮らす純粋で心優しい青年ラース(ライアン・ゴズリング)は、住民みんなから慕われていた。しかし彼は極度にシャイで、特に女性とはまともに口をきくことすらできない。

   ある日、そんな彼がインターネットで知り合った恋人を、兄のガス(ポール・シュナイダー)とその妻カリン(エミリー・モーティマー)に紹介したいと言ってきた。ところがラースの連れて来た相手を見て兄夫婦は驚愕する。ラースの恋人とは、等身大のリアルドールだったのだ。

   内向的な青年の恋人がリアルドールだった。一見、随分とブラックでナンセンスな設定だと思うかもしれない。しかし、この映画はコメディではなく、傷ついた人々が過去やトラウマと向き合い、また周りの人間が彼らにどう接していくかを丹念に描いた、真摯な人間ドラマになっている。

   妄想にとりつかれ、リアルドールに話しかけ、ドライブをし、ひたすらに愛情を注ぎ続けるラース。そんな彼を見て、はじめは狼狽していた兄夫婦と街の人々だったが、心優しいラースのためにリアルドールを人として扱うことにする。そんな周りの人々の暖かい視線がとてもやさしく感じられる。映画全体のゆったりとした居心地のよさは、内容を決して暗くせず、観客も暖かい視線でラースを見守ることができる。

   そんな中、周りの努力も知らずに振舞い続けるラースをカリンが怒鳴りつけるシーンには、胸が熱くなった。積もりに積もった感情を吐露した彼女のセリフには、ラースへの愛情がこもっている。人と人のつながりの大切さを再認識させられる。

   周囲の助けもあり、リアルドールとの生活を送るラースは少しずつ社交的になり、他人にも心を開くようになっていくが、人間関係が希薄な現代の日本で、この映画は必ず見る人の心を打つはずだ。

ジャナ専 ぷー(JJC漫画研究会部長)

   オススメ度☆☆☆☆

日本ジャーナリスト専門学校プロフィール

日本ジャーナリスト専門学校
通称ジャナ専。東京都豊島区高田にあるマスコミの専門学校。1974年の開校以来、マスコミ各界へ多くの人材を供給し続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中