2019年 6月 18日 (火)

中国に「捨てられた」 日本のペットボトルの行き先

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   金融危機がとんでもないところに陰を落としている。日本のペットボトルの半分を資源ゴミとして受け入れていた中国が、輸入を止めてしまったのだ。すでに日本のリサイクルシステムは空洞化していた。各地でペットボトルの山ができつつある。

年商7億円、しかし取引中止の宣告

   奈良・桜井市では、先月末で20トン。同市では5年前から分別収集を始め、当初は無料で業者に引き取ってもらっていた。3年前から別の業者が有料で引き取るようになり、値段もキロ当たり2円から翌年は45円、昨2008年は70円になって、700万円もの収入になった。

   ある中国出身の収集業者は5年前から参入し、11の自治体から年商7億円にまでなっていたが、昨年10月、中国から取引中止をいってきた。

   その中国。淅江省慈渓市の業者の倉庫には、加工された綿が行き場を失って山になっていた。ぬいぐるみやジャケットの詰めものとして欧米に輸出。昨年は、世界中の業者を集めたパーティーで、中国への輸出を呼びかけていたのに、今は昔だ。

   一方日本では、過去5年余りの中国への流れの中で、国内でのリサイクルルートはやせ細っていた。東京の業者の倉庫には、昨年10月までの250トンがそのまま眠っていた。社長は、ある大手繊維メーカーを訪ねたが、リサイクル施設が限られているので、急には無理と断られた。中国がふくらんだ分、国内がしぼんでいたのだ。明日は全く見えない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中