鳩山代表「故人献金」の真相 「秘書の浅智恵」程度の話か

印刷

   <テレビウォッチ>赤江珠緒が「個人献金のコジンが亡くなった人の故人だった」と揶揄した。鳩山民主党代表の資金管理団体の『政治献金虚偽記載』問題である。実際に献金しない人からもあったように装っていたという。番組によれば、対象人数は90人、その額は4年間で2177万円とのこと。

配当だけで…

   会見に臨んだ鳩山代表と弁護士は、代表に対する個人献金があまりに少なく、より多くの個人献金があったと見せかけるため、担当秘書が代表の資金を流用した。秘書が独断で行ったこと、と語ったようだ。

   落合恵子が「本当に、個人献金の名前を増やしたいということなのか。この人ってお金にお困りにならない人じゃないですか」と首をかしげると、森永卓郎も「(鳩山代表は)配当だけで何億円もあるっていう話ですから」と言う。

   鳥越俊太郎は「秘書の浅知恵でしょう」との見方。

   小木逸平は「鳩山さん対する個人献金は、年間で5000万円から1億1000万円程度ある。少ないというのは納得できないところがある」と述べる。

   落合の「与党に攻撃の材料を与えてしまうユルさを考えたほうがいい」という批判が締めとなった。

   自民党側が四分五裂状態で、まだ救われたと、民主党側は思っているのではあるまいか。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中