日食でペンギンに異変? 中継で生じた「見解」の相違

印刷

   <テレビウォッチ>国内では46年ぶりとなる皆既日食を6元中継の総力取材で追いかけた番組。なかでも、番組オリジナルな企画は池袋のサンシャイン国際水族館からの中継だった。

いや完全に!

   なぜ東京の水族館なのか? かつて南極で日食があったとき、夜が来たと勘違いしたのか、ペンギンたちが一斉に寝はじめたのだという。そこで、今回は動物たちにどんな異変が起きるのか、調べにやって来たのだった。

   まだ日食もはじまらない9時前のサンシャイン中継。現場の海附雅美リポーターは朝からずっとペンギンを観察した結果、「ペンギンたちの動きがゆっくりになってきたようです」などと、異変を感じ取っていた。

   「ホントですか?」。司会の加藤浩次はいつものように懐疑的な態度を取る。一方、事実の追究などより、番組の盛り上げを大事にするテリー伊藤は「ペンギンは予知能力ありますからね」などの怪コメントで海附をサポート。「警戒態勢に入ってるように見えますよ」とロバート・キャンベル東大教授も言う。

   では、と呼ばれて出てきた水族館の飼育スタッフ。「いつもと変わらないように見えますね」と苦笑気味に話したが、「いや完全に変わってますよ!」とテリーは絶叫した。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中