熱中症対策にビールはOK? クーラー「厳禁」の理由

印刷

   <テレビウォッチ>「冷夏といわれていますが熱中症には関係なし。予防法には簡単なトレーニングがあるようです」(赤江珠緒キャスター)と、『スパモニ家庭の医学』で取り上げた。

あれは

   その熱中症の最大の原因は「汗」。

   「汗を上手にかけないと熱がこもってドンドン熱が上がり、最終的には脳にダメージがくる」。スタジオでこう説明するのは「汗」の権威である五味クリニック院長の五味常明医師。

   それによると、熱中症は汗をかく機能が劣ってくる中高年に多い。しかもノドの渇きを感じる機能が鈍くなり、水を飲むなどの予防をしなくなるからだという。

   また熱中症の半分は、湿度が高く汗が蒸発しない室内で起きているという。

   さらに、顔に汗をかくと自分は汗っかきと思うのは間違いだとか。汗をかく機能が衰えるのは足→背中→お腹→腕→最後に顔の順という。

   顔だけに汗をかく段階ではすでに他の部分の機能が衰えた証拠で、熱中症になりやすい。

   では予防法は? 五味医師は、高齢者の場合には手と足を摂氏41度から42度のお湯であたため汗をかく。その後、出た汗をクーラーで冷やすのは厳禁。ウチワであおいで乾かしたり、濡れたタオルで抑えたりするなど、多少汗を残しておくのがいいという。

   で、こまめに水を飲む。できれば常温がいいという。また大量に汗をかいた場合は、水、塩分、糖分の補給が必要という。

   これに優等生的な答えをしたのがジャーナリストの鳥越。「ボクはベッドの脇にスポーツドリンクを置いていつも飲んでいるんですよ」。

   ところがキャスターの赤江は「ビール、あれは水になるんでしょ」に、すかさず五味医師が「ビールは水じゃないです」で、落第。ビールを飲むと利尿作用でどんどん水分喪失するという。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中